海外の課税リスクを低減|過払い金は弁護士に依頼!回収するためにはスピードが命

過払い金は弁護士に依頼!回収するためにはスピードが命

海外の課税リスクを低減

ウーマン

海外の取引価格に要注意

移転価格税制は、海外の関連会社との取引価格を恣意的に決めることによる利益操作を防止するための税制です。移転価格税制は各国で導入され、関連会社との取引価格が妥当か否かについて、各国の税務当局が注視しています。そのことからも、移転価格税制のリスクは海外との取引をしている企業にとって、考慮する必要のある重要な税制の一つとなっています。更に移転価格税制は一定期間の取引価格に対して、第三者間の取引価格との差額について課税するため、追徴税額が多額になりやすいという特徴があります。この第三者間の取引価格がいくらになるかについては、企業と税務当局との間で疑義が生じることが多々あります。この点が、移転価格税制の難しいところであり、税理士や弁護士等の移転価格税制に精通した外部の専門家に依頼することが多い分野となっています。

企業内部の情報を活用する

移転価格税制では、企業が海外の関連会社との取引価格について、恣意的ではなく第三者間の取引価格と比較して妥当な水準であることを証明する必要があります。この第三者間の取引価格は、外部の情報から入手しにくいという難点があります。更に入手することが可能としても、情報会社に依頼しますと多額の費用が発生することがあります。そこで企業としては、税理士等の専門家の意見も考慮しつつ、企業内部の情報から第三者間の取引価格を調査します。第三者間の取引価格には、企業が第三者との間で取引した価格も含まれるからです。この第三者との取引価格を調査し、海外の関連会社との取引価格と比較することにより、費用もかからず、移転価格税制上妥当な価格であることを証明できます。